消防官 階級制度

消防官の階級制度はどうなっている?

警察官の様に、消防官にもそれぞれに役職や階級制度があります。

 

消防官の社会は、実力主義の社会のため、昇進試験を受けてそれを突破することで、次々と上の階級に進むことができるのです。

 

そこで今回は、消防官の階級制度についてご紹介したいと思います。

 

消防官の階級制度について

消防士採用試験に合格して、消防学校を終えるとようやく消防士としてスタートを切ることができます。

 

そこから、長い消防官人生が始まる訳ですが、消防官の階級は10の階級に分けられています。

 

消防総監

東京都消防庁のみに用いられている地位と役職。いわば消防官のトップですが、東京以外の消防本部に対する権限はありません。

 

消防司監

政令指定都市においては消防長に当たりますが、東京消防庁においては次長・部長の地位に当たります。

 

消防正監

人口30万人以上の市町村の消防本部の消防長、もしくは消防官の総数が200人以上の消防本部の消防長を指します。また、東京都の消防学校の学長も含められます。

 

消防監

東京消防庁においては署長、消防学校副校長。政令指定都市消防本部の部長・参事や課長クラスになります。

 

消防司令長

東京都消防庁では課長・室長クラスなど。政令指定都市消防本部では署長や課長、隊長クラスのことを指します。

 

消防司令

政令指定都市消防本部長の副署長や係長クラスが相当します。災害現場では指揮を取る非常に重要なポストと言えるでしょう。

 

消防司令補

東京消防庁では主任がこの階級に当たります。ポンプ隊や救急隊の隊長として任務する非常に責任あるポスト。

 

消防士長

政令指定都市消防本部の副隊長として活躍するのがこの階級です。市町村消防本部の主任クラスに当たることもあります。

 

消防副士長

火災や災害現場、事故現場で消火活動や人命救助に当たる消防隊員。

 

消防士

消防学校を卒業した後、最初につく役職がこちら。学歴に関係なく、まずはみんな消防士からのスタートになります。