消防官になるには 資格 必要

防官になるには資格は必要?

消防官という仕事は、とても特別な仕事のようなイメージを持っている方が多いと思います。

 

危険な災害現場などで人命救助を行う姿は、とても頼もしいものがあり、憧れるという方も多いものです。

 

特別な仕事というイメージが強いだけに、何か特別な資格が必要になるのでは?と考えている方も多いのではないでしょうか。

 

実際のところ、消防官として働くために資格は必要になるのかどうか、見ていきたいと思います。

 

消防官になるための資格は特にありません

今の時点で、消防官として働くために必須となっている資格は特にありません。

 

必須となる資格がない代わりに、消防官採用試験に合格する必要があります。

 

この消防官採用試験に合格してからは、消防学校というところに入学し、そこで様々な訓練をつんでいくことになります。

 

そのため、これといって必要になる資格は存在していません。

 

採用試験で何か特になるようなこともないのですが、現場で消防官として業務を行う上で、役に立つ資格というものがあります。

 

この資格があれば役に立つ?!

採用には関係ないと言われていますが、取得しておくと知識やスキルの幅が広がりますし、証明することも出来ますのでおすすめです。

 

・救急救命士
・大型自動車免許
・危険物取扱者

 

など、このような資格を取得していると、役に立つかもしれません。

 

消防官の仕事にも様々あり、救急救命士の資格は特に役に立つのではないでしょうか。

 

救急救命士は国家資格となっており、救急隊員として病院まで搬送していく際に治療を行う事が出来ます。

 

この資格は消防官の中でも取得を目指す方が多く、やはり人の命を救う立場として、必要性を感じるものなのではないでしょうか。

 

そして、特殊な大型車を運転する場合を想定し、大型自動車免許も取得しておくといいかもしれません。

 

取得にはいくつか条件がありますが、取得を目指して損はないと思います。