消防官 給料

消防官の給料はどれくらい?

一般的な企業で働くよりも安定感のある消防官の仕事ですが、いつ何時どんな危険な目に遭うか分からないリスクの高い仕事と言えます。

 

大規模な自然災害が起こると、寝る間も惜しんで救助活動に当たり連日の様に激務が続く消防官ですが、そんな消防官の毎月の給料は、一体どれくらいなのでしょうか?

 

安いと見るか、高いと見るか?消防官の給料とは?

町やそこに住む人々を火災や事故、災害時に救助するヒーローとして活躍する消防官の仕事は、多くの人に感謝される非常にやりがいのある仕事です。

 

しかしそんな消防官の仕事は、やはり危険と隣り合わせであると言えるでしょう。

 

自分の命を危険にさらしてでも人々を助ける必要がある彼らの仕事は、実際にはお金に換算することが難しいかも知れません。

 

一般的に消防学校での研修を終えて、配属される消防署が決まった後の初任給としては、平均して20万円以上となります。

 

大卒の消防官の初任給としは各自治体によって異なりますが、およそ20万円以上〜24万円以上。

 

また、短大などの卒業者の場合は、20万円〜22万円ほど。そして高卒の場合においては、18万円〜20万円ほどとなっています。

 

階級があがれば月の給料もあがる!

当然のことですが、階級や役職があがればもらえる給料にもちゃんと反映されます。

 

消防官は10の階級に分けられています。その階級ごとに、責任の重さも違えば受け取る給料も違うのです。

 

例えば、東京の消防庁のトップである消防総監においては、推定月給70万以上となっています。

 

他にも、東京消防庁の次長や部長クラスや、他の都市部自治体の消防局長となると50万円以上と、階級が上にあがるほど受け取る額もあがることになります。

 

同じ消防官でも、どこに勤めるかによっても多少の差は出ますが、それでも危険作業手当・夜間緊急招集手当・深夜特殊業務手当・有害物取扱い手当などの各種手当などを含めると、月に受け取る給料も一般的なサラリーマンよりかなり高いと言えるでしょう。