消防官採用試験 体力試験

消防官採用試験|体力試験の出題内容とは?

消防官になりたいという願いだけでは、残念ながら消防官になることは出来ません。

 

消防官採用試験を確実にクリアするためには、筆記試験の他にも体力試験をクリアしなくてはなりません。

 

そこで今回は、消防官採用試験における体力試験の出題内容についてご紹介したいと思います。

 

消防官は体力が資本!

消防官に必要とされることは、冷静な判断力やチームワークのほかに、何と言っても体力と言うことが出来るでしょう。

 

もちろん体力だけでは消防官になることも出来ないのですが、採用試験の勉強と平行して日頃から地道にトレーニングすることが大切です。

 

しかし、どの程度鍛えれば良いという目安を出すのは非常に難しいと言えます。

 

なぜなら、無事に消防官になった後でも、時間があれば体を鍛えることを奨励されているからです。

 

自治体によっては、体力試験を非常に重視する傾向にあるところもあるようです。

 

また、それぞれの自治体によって体力試験の試験内容が異なることもあるので、自分が受けたい消防官採用試験を実施している自治体の案内を調べて、どのような内容の体力試験が行われるのか、ある程度知る事ができるかも知れません。

 

体力試験の出題内容とは?

上記でも述べたように、それぞれの自治体によって体力試験の出題内容は異なります。

 

そのため、事前に自治体のホームページを見たりすることによって、およその出題内容を知ることが必要になります。

 

例えば、東京消防庁の体力試験の出題内容としては、腹筋や腕立て伏せが行われたり、反復横飛びや長座体前屈、または立ち幅跳びや2.1km走などが行われます。

 

ちなみに大阪市消防においては、握力やシャトルラン、上体起こしや立ち幅跳び、反復横飛びなどが体力試験の出題内容となっています。

 

上記の例からも分かる通り、地域によって多少異なっている体力試験の出題内容ですが、日々のトレーニングの積み重ねが試される試験であると言えるでしょう。