消防官 1日

消防官の1日のスケジュールとは?

いつ何時出動要請が掛かるか分からない消防官の仕事は、神経の休まる暇のない仕事と言えるでしょう。

 

一度大災害が起こると一睡も出来ない日が何日も続く激務ですが、そんな消防官の1日のスケジュールとはどのようなものなのでしょうか?

 

消防官の1日のスケジュールとは?

ここでは、災害や事故、火災などが特に起こっていない場合の消防官のスケジュールについてご紹介したいと思います。

 

8:25→交代の準備から朝がはじまります。
8:30→交代勤務として、連絡事項の伝達確認が行われます。
8:45→消防車や救急車に積んでいる器具や機材がきちんと動作するか、確認作業が行われます。
9:30→消防車や救急車と司令室との連絡が取れるようにする無線のチェックが行われます。
9:45→事務仕事を主に行います。火事の原因を調べたり、建物への立ち入り検査を行うこともあります。
12:00→昼休憩
13:00→出動信号のテスト点検が行われます。
13:30→様々な訓練が行われます。災害時に速やかに人命を救助するためには、日々の訓練が欠かせません。
16:45→清掃
17:00→出動信号テスト点検を行います。
18:00→署内で夕食。交代で夕食を作ることもあります。
19:00→ミーティングが行われます。
0:30→隊員が順番に仮眠を取ります。
6:30→起床
7:00→出動信号のテスト点検が行われます。
7:30→車両や車庫の清掃

8:25→交代準備、続いて次の勤務の隊員に連絡事項を伝えます。

 

消防官の勤務体制とは?

緊急の連絡が入れば、いつでもすぐさま出動しなければならない消防官ですが、勤務体系はどうなっているのでしょうか?

 

主に二部制と三部制、また毎日勤務に分けることができます。二部制とは、1日24時間勤務をした後は非番と休日を取り、その次にまた1日24時間勤務を繰り返します。

 

三部制の勤務体系とは、24時間連続勤務はなく、日勤・当番・非番の三交代勤務をすることです。

 

また、主にデスクワークの消防庁の本庁に多いですが、毎日勤務として朝8時半から夕方17時半の勤務体系を取るところもあります。