消防官とは

消防官とは?

消防車に乗って危険な現場に駆けつけ、火事や災害時に人々を助ける仕事と言えばナニ?と聞くと、「消防士」と多くの方が答えられるのではないでしょうか?

 

小さい子供でも知っている「消防士」という仕事ですが、消防士と消防官との違いとは一体何なのでしょうか?

 

消防士と消防官の違いについて

消防官とは、消防署で働く地方公務員の人々のことの総称として用いられています。

 

役職や所属する隊に関わらず、消防署で働いている人であるなら消防官であると言えるでしょう。

 

それでは、消防士とは一体何なのでしょうか?消防士とは、消防官の中でも一番下の階級に当たる人々のことを指します。

 

つまり、消防学校で訓練を終えた後に、新しく消防署で勤務するようになった人々は全て消防士と呼ばれることになります。

 

その後、それぞれにキャリアを積んで活躍することが出来るでしょう。

 

消防官にはどんな仕事がある?

消防官は様々な部署に所属しています。

 

まず、指揮調査隊は災害時に指揮本部を設置し、現場指揮者の補助を行う仕事をしています。

 

平素の活動としては、職員に訓練や行事の計画を立てたり、勤務時間の管理などを行います。

 

次に消防隊ですが、火災時にすぐさま災害現場に到着し、消火活動に当たる仕事です。

 

機敏性や冷静な判断力が求められるため、常に訓練を怠らないよう訓練を行う必要があります。

 

また、どの自治体でも一番活躍する機会の多い救急隊は、1日のスケジュールが非常にハードな部署といえます。

 

常にスタンバイしておく必要があり、日頃の訓練を毎日実践で生かすことが出来ます。

 

救助隊は、事故も含めてあらゆる災害から人命救助を行う仕事をしています。

 

救助機器の取り扱いに熟知することが求められ、人命救助のためのトレーニングを欠かすことのできない部署といえます。

 

その他にも庶務課や警防課、予防課や通信司令室など、消防官として活躍できる部署は数多くあります。

 

どの部署に所属していようと、消防官は人の命と深く関わる仕事なので、非常にやりがいのある仕事であると言えるでしょう。