消防官 年収

消防官の年収はどれくらい?

老後も比較的安泰かと思われる公務員ですが、ハードで不規則な職場である消防官も地方公務員の一つです。

 

小さな頃からの夢や、やりがいのある仕事を求めて消防官になる方が多い仕事ですが、消防官の年収はいったいどれくらいなのでしょうか?

 

まずはみんな消防士から!消防士の年収は?

高卒後、もしくは短大や大学卒業後に消防官になった方でも、最初はみんな消防士からのスタートとなります。

 

勤務先の消防署の規模によっても異なりますし、地域によってももちろん違いますが、一般的な消防士の年収は300万円ほどとなっています。

 

地方によっては、300万円以下のところもあるようですが、高卒後に消防官を目指して消防士になった人の多くが、まずは年収300万円未満からの出発となるようです。

 

ちなみに、高卒と大卒では月給が異なりますから、年収の点でもその差は歴然となります。月に2〜4万ほどの差は、年収に換算すると24万円〜48万円の差になってしまいます。

 

また、昇進ペースも大卒のほうが早いこともあるので、高年収を目指すのであれば、やはり大学卒業後に消防官を目指すのが良いと言えるのではないでしょうか。

 

平均的な消防官の年収とは?

他の仕事同様、勤務年数や所属する部署、職務内容によっても変わってくる消防官の年収ですが、30代や40代以上になってくると年収も500万円〜700万円以上になる場合もあります。

 

基本的に都心部や働く消防官は年収も高い傾向にあり、比較する場所によってはかなりの差が生じることもあります。

 

また、消防官は一般的な公務員よりも基本給が高い傾向にあり、それに加えて年2回のボーナスと緊急出勤手当や消防業務手当などの各種手当てが付きます。

 

年収が高い上に福利厚生が充実しているので、一般的な企業に勤めるよりはかなり待遇は良いと言えるのではないでしょうか。

 

しかし、ひと度火災や自然災害が起こると昼夜関係なく、危険な現場に出動しなければなりません。そんな危険な業務であることを考えるなら、消防官の年収が高いことも頷けるのではないでしょうか。