消防官になるには 通信 費用

消防官になるには|通信講座の費用はどれくらい?

どうしても消防官というやりがいのある仕事に就きたいと思うけど、費用はなるべく抑えて勉強したいと思うなら、通信講座を受講されることをオススメします。

 

そこで気になるのは講座の費用だと思いますが、消防官を目指せる通信講座の費用は一体どれくらいなのでしょうか?

 

費用を抑えて勉強したいなら通信講座がオススメ

どうしても消防官になりたい!と願っているのであれば、専門学校に通う方法もありますが、費用の点では通信講座とは比べ物にならないほど高額になってしまいます。

 

割引を受けることが出来たとしても、一年で平均100万円ほどは学費として納めなければいけない専門学校とは違って、通信講座の場合は最安で5万円〜20万円というリーズナブルな費用で消防官を目指すことが出来てしまいます。

 

そのため、独学よりも効率よく勉強したい方や、専門学校に通うよりも費用を抑えて消防官を目指す勉強をしたい方であるならば、通信講座での勉強を考えてみてはいかがでしょうか?

 

消防官を目指せる通信講座の費用の差とは?

先程、平均的な消防官になるための通信講座の受講料目安が5万円〜20万円である、とお伝えしましたが、この差は一体どこからくるものなのでしょうか?

 

まず費用の差が出てしまう一つめのポイントとして、フォロー体制がどれだけしっかりしているか、という点が全く違うところでしょう。

 

安い通信講座においては、どちらかと言えば独学に近い雰囲気があります。

 

つまり、テキストだけ配られて、後は答え合わせをして受講修了になってしまう感じのものです。

 

そんな通信講座では、サポートを受けたくても受け入れ態勢が整っておらず、試験の情報も入ってこないのが普通となっています。

 

しかしながら、同じお金を払うのであれば、DVDで授業を観ることができる通信講座や、面接や論文試験の対策がバッチリしてある少し高めの通信講座に頼むほうが、確実に消防官という仕事を目指すことができるのではないでしょうか?