消防官 特徴

消防官になれる人の特徴とは?

国内でも海外でも、子供たちが将来なりたい仕事として大変人気のある消防官。

 

サッカー選手や医者などの職業よりも、ヒーロー性の高い仕事というイメージがありますが、消防官に向いている、もしくは消防官になれる人の特徴とは一体どのようなものなのでしょうか?

 

特徴とは?

男らしいイメージのある仕事ですが、実は女性が活躍できる仕事でもある消防官。

 

そんな男性にも女性にも人気のある仕事と言える消防官ですが、性別に関わりなくどんなタイプの人が消防官に向いているのでしょうか?

 

まずは、正義感と責任感が非常に強いタイプの人が消防官に向いていると言えるでしょう。

 

消防官の仕事は、火災や災害時はたとえどんなに酷い現場であったとしても、最後まで人命救助に尽力しなくてはなりません。

 

そのため、強い正義感と最後まで仕事をやり遂げ、決して諦めることのない精神力を持っている方にふさわしい仕事であると言えるでしょう。

 

消防官に求められるものとは?

事故や火災、災害が起こった時における消防官の仕事は、危険であると共に非常にやりがいのある仕事です。

 

ですから、男女問わず仕事にやりがいを求めるタイプの方であるなら、消防官は向いていると言えるでしょう。

 

また、火災や自然災害が起こらない状況下では、モチベーションを維持するのが大変な時があります。

 

そのため、常に訓練を通して仕事におけるモチベーションを高めると同時に、忍耐力を培う必要があると言えるかも知れません。

 

これは災害が起こった時にも言えることですが、忍耐力によって災害時に目の当りにする、あらゆる厳しい状況を耐え忍ぶことが可能になります。

 

そして厳しい状況下では、冷静な判断力が求められます。またチームワークを軸に働くことが多いので、他の人と協力して働くことが出来る協調性も重視されることになるでしょう。

 

いずれにせよ、忍耐力・精神力・判断力や協調性に優れている人が、消防官として成功すると言えるのではないでしょうか。