消防官 転職

消防官に転職するにはどうすればいい?

災害時に昼夜関わらず大奮闘して人々を救助していた消防官の活躍を目の当りにして、「自分も消防官になってみたい!」と思った社会人の方もおられるのではないでしょうか?

 

もしくは、何となく社会人になったものの、やはりやりがいのある仕事である消防官になる夢を諦め切れない、という方もおられるかも知れません。

 

しかし、一般的な社会人から消防官に転職するには一体どうすれば良いのでしょうか?

 

転職を実現するためにすべきこととは?

まずは、自分の年齢を考慮に入れてみる必要があるでしょう。もしも既に30代以上であるなら、消防官になれる夢は夢のままで終わったことになります。

 

しかしながら20代であるなら、まだ消防官になれる機会は残されていると言えるでしょう。

 

高卒後すぐに働きはじめた20代前半であるなら、各自治体が実施する高卒レベルの消防士採用試験を受けることができるでしょう。

 

しかしながら、高卒後に社会人となってしばらく経つ20代後半の方であるなら、受験資格の年齢制限が高い大卒レベルの試験を受けることになるでしょう。

 

この場合においては、専門学校に通うなどして、試験対策を行うと良いかも知れません。

 

転職を成功させるためには?

学校の勉強から離れて久しい方であるなら、通信教育や専門学校などを通して筆記試験に備える準備をすると良いでしょう。

 

もちろん計画的に勉強をして独学でも消防官へ転職を果たすことも可能です。

 

しかしながら、一度社会人として働いた経験がある方であるなら、それなりに自分の年齢を気にしながらの受験となるでしょう。

 

そのため、効率よく一発合格を目指したいのであれば、スクールなどを活用すると良いでしょう。

 

また、忘れてはいけないのが体力試験への対策です。10代後半の体力と20代後半の体力では、恐ろしいくらいの差が生じるでしょう。普段から体を鍛える習慣がなければ、尚更のことです。

 

そのため、消防官への転職を成功させたい方は、専門学校で試験対策に効果的な体力トレーニングと筆記試験の対策をバッチリ行ってから、採用試験に挑むことが消防官への一番の近道になるかも知れません。